衣替えのたびに服があふれる

捨てられない思い出の品がいっぱいある

モノを集める趣味がある

何かに使えそうだと思うと処分できない

衝動買いをしてしまうことが多い

こんなあなたは…メリハリをつけてスッキリおしゃれに!

 

《玄関》

●玄関の小スペースを上手に利用して、大切なモノを収納できるように。

マグネットで付けられるオシャレなボードで自由に暮らしをアレンジ

 

玄関の入り口に、モノを掛けられるちょっとしたスペースが

あると便利です。磁石がついたフックや棚を活用すれば、

小物置きを手軽に作れます。

 

 

《リビング・ダイニング》

●ウォールデコレーション感覚で、壁をインテリア+収納として活かす!

好きな絵画やアートを飾れば、まるでギャラリーのような雰囲気に。

 

磁石がくっつく化粧ボードなら、釘や画びょうを使わず簡単に

レイアウト変更が可能です。

インテリアに合わせて、自由自在に模様替えを楽しめます。

 

 

●抜け感のある収納を使えば、洒落たコレクションスペースが誕生!

お気に入りだけをセンス良く。リビング全体を「みせる」空間に。

 

棚を何段も並べてキャビネットも併用すれば、「みせる」ことを

意識しながら収納量も確保できます。

 

 

《キッチン》

●キッチンは収納力と取り出しやすさを重視!頻度の高さでしまうスペースを判断。

大きな扉を開けなくても、よく使うモノが楽に取り出せるアイデア。

 

普段使いの食器やカトラリーなど使用頻度の高いモノは、

取り出しやすい場所に収納。いちいち大きな扉を開閉しなくても、

スムーズに出し入れができます。

 

 

キッチンの使いやすさを左右する家電とゴミ箱の置き場所を。

手持ちの家電の大きさや使い勝手、ゴミの始末のしやすさを考慮すると、

キッチンがぐんと使いやすく。

自分がどう動くかを考えて、配置することが大切です。

 

 

限られたスペースだからこそ、床下も賢く活用したい。

普段見落としがちな床下は、キッチンでは貴重なストックスペース。

気温の変化が少なく涼しいので、長く保管したいモノの収納場所にぴったりです。

 

 

《寝室》

使わないけど残しておきたいモノは部屋の空いている上部を活用。

思い出か残る大切な品は大容量のウォールキャビネットに。

保管場所に悩むモノは、高い位置に設置したウォールキャビネットに収納。

扉をつけておけば、仕事の大事な書類をしまいたい時も安心です。

 

 

《階段》

デッドスペースも見逃さない!空きスペースは収納に。

場所の形に合わせた柔軟な発想で新たな収納空間を確保。

二階へ上がる階段下のデッドスペースは、収納として有効活用したいもの。

造り付の棚や、扉つきの収納を設置することで、あふれるモノもスッキリ。

 

今回は、タイプ2【モノが手放せないタイプ】を紹介しました。

次回は、タイプ3【元に戻すのが苦手タイプ】をご紹介いたします。

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト 不動産物件紹介・老人ホーム紹介
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2021 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット