冬場や、梅雨時などに窓をびっしり濡らす結露!毎朝拭き掃除に追われて、それだけで一仕事ですよね。でも、結露は減らすことができます。健康で快適な暮らしのための結露対策、お教えします。

結露しやすいのが窓

空気中には、水分が“水蒸気”の形で必ず含まれています。この水蒸気、暖かい時は気体ですが、冷えると液体の水に変わる性質があります。たとえば、外気で冷やされた窓の表面に触れると、水蒸気が水に変わります。これが結露です。窓が結露しやすいのは、家の中でも冷たくなりやすい箇所だからなのです。

 

気をつけないと怖い結露

ダニやカビは湿度70%ぐらいから盛んに繁殖します。つまり、室内に結露を発生させないように適度な湿度の条件をつくることが、ダニやカビの発生を抑えることにつながるのです。ダニやカビは、ぜんそくやアトピーなどによって健康を脅かす原因にもなりかねません。普段の生活の中で十分に気をつけたいものです。

結露が進むと、住まいに使われている建築材料が腐ってしまうことも。悪影響が大きくならないうちに、しっかりと対策を講じておきましょう。

 

暮らし方でできる結露対策

ポイントはこまめに換気をして、室内の水蒸気をできるだけ外に逃がすようにしましょう。特に冬場は室外の空気が乾燥しているので、ちょっとの換気でも効果的です。水蒸気の発生を減らすことも大切です。

 

窓の断熱化で結露すっきり

結露を抑える第一条件は、住まいを建てる際に、住まいをしっかりと断熱化すること。それによって、外の気温の影響を受けにくくし、建物の保温性を高め、結露を抑えることができるのです。中でも、窓まわりは結露が発生しやすい場所。窓を断熱化することが大きなポイントになります。

二重構造になったグラスは、普通のグラスに比べて結露が抑えられます。窓も同じ。ガラスを二重にした複層ガラスの窓にしたり、内窓を取りつけて二重窓にすることで、熱を伝えにくい空気層が生まれ、外が寒くても、室内側では結露が発生しにくくなります。またアルミサッシではなく熱を伝えにくい樹脂フレームなら、さらに結露の発生を減らせます。

窓を断熱化すると、結露軽減はもちろん、室内の寒い場所を減らすことにもなります。健康的な暮らしを送ることができ、冷暖房コストの節約にもなります。長い目でみても、いろいろなメリットがあるのです。

 

結露に効く断熱窓はこちら!

新築

   

 

リフォーム

   

 

結露に悩まず、健康・家事ラク生活が一番ですね。

外が寒くても窓が冷たくなりにくければOK。新築でもリフォームでも対策できます。

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2022 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット