地盤について理解しておく

家を建てる土地の成り立ちや特徴がわかれば、

地盤の良し悪しを知る手掛かりとなります。

地盤の強度が推測できるため、地形に加えて

地質も理解しておくとよいでしょう!

もともと高台で、固い地質をもつ地域でも、

宅地造成などで人工的に地盤を改変したために

軟弱地盤となってしまうケースもあります。

地下水が高い地盤では、水位の下降や上昇で

建物の沈下や浮きあがりが起こることがあります。

地形の分類・・・

日本の地形には大まかに、『山地』『丘陵地』『台地』『低地』の 4つに分類されます。

地盤には見た目の地形だけでは判断できない要素もあるため

個別に現地調査を行うことが大切です。

山地・丘陵地・・・地盤は良好。ただし宅地利用地は注意が必要

台地・・・地盤は良好。ただし切土や盛土されている場合は注意が必要

低地・・・地盤は軟弱。杭をうつ地盤対策が必要

低地(扇状地)・・・地盤は普通。土石流や河川洪水による浸水のおそれあり


地形と地質も確認しておきたいですね。

台地は比較的安定した地盤が多いです。一方新しい地層の低地は

軟弱かつ不安定な地盤が多いとされます。

川・池の近くや坂道の下、

水に関する地名の土地は、地盤調査を検討してほしいです。

宅地造成などで軟弱地盤となった土地があります。

もとの地盤を切り取った『切土』と、

もとの地盤に土を盛り上げた『盛土』が混在している土地は

要注意です!『切土』『盛土』で地震時の揺れ方が異なり、

建物にねじれが生じることがあります。

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト 不動産物件紹介・老人ホーム紹介
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2020 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット