リアルパネルは、オリジナルに開発した内装用不燃/合板ボードです。天然木の節、杢、斑といった自然の「相」を一つ一つ丁寧に起こし、

自然の温かい景色をわずか0.2mmの突板に転写します。基材となる天然木で様々な空間を演出します。最終工程で火山性ガラス質複層板や合板に貼り付けることで、

店舗や公共施設・住宅の壁や天井に使用可能になります。大盤で納品可能な商品もあり、無垢の風合いと、

工業製品的な扱いやすさを併せ持った今後も進化してゆく内装仕上げ材です。

リアルパネルの構造

リアルパネルは、原木を0.2mmにスライスした突板と厚さ6mmの火山性ガラス質複層板からなります。

突板一枚一枚は技術者の手によって天然木本来の風合いを引き出しながら加工していきます。

しっかりとオーダーをお聞きしてからの受注生産品です。(国土交通大臣認定 不燃材料 NM-1265)中でも

複雑な工程により使いこまれた経年の表情を見せるオールド&ビンテージシリーズは、

アパレルやカフェの店舗など常に差別化されたアイデンティティのある空間デザインを使命とした、建築家の方々の作品に多く見ることができます。

 

リアルパネルの製造工程

国内外問わず、良質な原木が出たと聞けば現地まで足を運びます。トレーサビリティの明確な素材は突板にした時の相の現れ方や表面のみずみずしさが大きく違います。

原木を数十年見切ってきた職人が鋸を入れ製材になった後に煮沸し、平衡を厳しく調整し、スライサーに掛けます。

スライスされた突板は丁寧に重ね乾燥します。乾燥の程度と色の入り方、場所の違いを見究めながら加工を進め、最終的に深みのある突板になります。

最終工程で火山性ガラス質複層板や合板に貼り付け、バリを取り、数人の厳しい目で検品を行います。

    

    

 

ウォールパネリング材使用例

突板から造られるウォールパネルは、フローリング材とは違った天然木が用意されます。幾度と重ねられる工程に耐えうることや、加工後も意匠がクリアであること。

壁紙の代替としてデザイン豊かな「相や杢」を備えている素材であることなどがあります。

また部屋のアクセントとしてドアや家具にも用いられるための規格の豊富さや耐久性があります。

ドアや下駄箱に使用

 

クロスとして使用

 

アクセントとして使用

 

 

使用例は一部ですが、使い方は色々

ビンテージ、クラシックス、ラージパネル、ヘリンボーン、スプリットランバーなど種類も色々あります。

少しでもご興味がございましたら、お気軽にご連絡頂ければ幸いです😊

 

 

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト 不動産物件紹介・老人ホーム紹介
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2021 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット