ファブリックで音のない落ち着いた生活を

ファブリックと呼ばれる布地や織り地を用いたインテリアは、部屋の雰囲気を温かく、落ち着いた空間にしてくれます。

ファブリックインテリアをとりいれて、穏やかな雰囲気の部屋づくりしてみませんか。

  • ファブリックは吸音作用がある

    家の中はいろいろな音で溢れています。テレビの音声や料理の音。掃除の物音や話し声、その他外からの音など種類は様々。活気があるとも言えますが、静かな空間で過ごしたい時もありますよね。

    そんな時に役立ってくれるのがファブリック素材のアイテムです。毛足の長い絨毯やカーテンは立派に吸音作用があるので、外からの音や下の階への足音を吸い取ってくれます。

  • クッションやブランケットも効果を発揮

    クッションやブランケットなど、部屋の飾りとなるような小物も効果があります。雨が降っている時や台風の季節など、家で過ごす機会も増えることでしょう。

    そんな時、毛足のあるクッションやブランケット、吸音作用のあるパネルがあれば、音を和らげてくれます。その上、インテリアのポイントとして空間づくりに役立ってくれますよ。

新築分譲・中古住宅の床を見るポイント

新築分譲または中古で住宅を購入するときは、しっかり造りを確認してから決めたいもの。

では、床はどこをどう見るようにすればよいのでしょうか。

  • 沈んでいる箇所はあるか、沈まないか

    家に入ったときに、各部屋の床で沈む部分がないか、ちゃんと足を踏み入れ確認してみましょう。

    もし、沈む部分を見つけたのであれば要注意。下地が劣化している可能性があります。その場合は部分的な補修が必要ですよ。

  • 傾いてはいないか

    専門家は水準器を使いますが、もっと簡単な方法があります。テレビで床の傾きを測るのに、ビー玉を床に置いているのを見たことありませんか? たいていの場合、ビー玉は1000分の5の傾きの床に置くと転がります。1000分の6なら必ず転がるという実験結果がでています。

    1000分の6以上の傾きがあるなら、問題です。ビー玉が転がった場合、床材のゆがみだけでなく 構造の変形や基礎の沈下も考えられます。その場合、購入は見合わせた方がよいでしょう。

    床は1000分の3以下の傾きならば問題ありません。

フローリングは20〜30年ほどの耐久性がありますが、劣化が進んでいる場合は張り替えを検討しましょう。劣化部分に足を引っ掛け転倒してしまっては大変です。カーペットの部屋をフローリングにすることもできます。

家族が安心安全に暮らす上で、床のチェックは欠かせません。内覧の際は確認してくださいね。

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ オープンハウス情報 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 注文住宅・新築一戸建ての豆知識
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2019 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット