ヴィータスパネル

家族の成長とともに、モノはどうしても増えてしまいます

今ある収納スペースを見直すことで、モノがサッと取り出せたり、

管理しやすい収納スペースにすることが大切です

ヴィータスパネルはそんな悩みを解決できる収納スペースを

最大限に活かすアイデアとノウハウで、暮らしの変化や使う人に合わせて

変えられる収納を考えました。

収納をもっと使いやすいく。収納を変えると、暮らしはどんどん

心地よくなりますよ

 

ヴィータスパネルの特長

使う人のアイデアを活かせる

ヴィータスパネルは、ハンガーをかけるパイプの位置を

自由に変えることができます。

手前にパイプをつけて、奥に収納棚を設置するなど、

奥行きを前後にわけて使うことできる、使う人のアイデアが

活かせる収納です。

 

使いながら収納を進化させる

ヴィータスパネルは、パーツを自在に設置したり、

後から追加したりして、収納そのものを進化させられるのが

魅力です。暮らし方や持ち物が変わっても、一番使いやすい

収納のカタチがずっと続きます。

 

『置ける』以上に使いやすい棚

ヴィータスパネルは、収納スペースの奥行きいっぱいに棚を設けずに、

スペースを有効活用することができます。

L字型の棚は、体が一歩入るので奥まで見やすく、

手も届きやすくなります。

 

収納をワークスペースに進化させる

ヴィータスパネルは、収納スペースをさらに別の空間に進化させる

ことができます。

使いやすい広さに設置されたデスク用棚板を設置し、

棚と引き出しを設けて、残ったスペースはクローゼットに

空間を無駄なく使いきるアイデアです

 

★解決のカギは『350㎜の法則』★

高さが350mmピッチなら、ほとんどのモノは収納できます!

 

 

 

★ヴィータスパネルには収納スペースを最大限に活かすアイデアとノウハウがあります★

奥行は前後に活用する

パイプの位置は高さも奥行も自由に移動可能

付ければ、奥に収納棚を設置できます。

 

 

 

自分で簡単に変えられる

レール式なので、パーツの簡単な組み替えが可能です。

誰でも簡単に棚板やパイプ、フックを設置できるので、

モノに合わせて季節ごとに変更することも可能です。

※パーツの追加は追加購入が必要になります。

 

L字使いの棚で見える化できる

奥行は深すぎると使いきれない

収納スペースに余裕があっても、棚の奥行は300㎜~400㎜

程度にして、手前は背の高いモノや一時置きの場所として

活用すると無駄なスペースが無くなります。

 

 

押入れをリフォームしてワークスペースに

ワークスペースを新しく用意しなくても、使っていない押入れを

リフォームして有効活用できます。

デスクタイプを設置してワークスペースを作り、さらに使い勝手の良い

収納スペースもできる、一石二鳥のアイデアです

ヴィータスパネルは基本の高さが350㎜ピッチです。

だから、床から2段目の700㎜にデスク用棚板を設置するだけで、

ぴったりの高さのデスクになります。

 

奥行き600のゆったりとしたデスクは作業をするのに最適

 

パイプを2本使いすることで、限られたスペースでも

上下でたっぷり洋服が収納できます。

 

アルバムなどの重いものを収納するときは、

高荷重用棚板を使えば安心です。

 

★奥行はどんな収納スペースにも対応できる3サイズ★

【奥行700】

収納スペース

クローゼット / 押入 / デスク / 物入

しまうもの

布団 / 季節家電 / 季節飾り(節句などの大きな箱) など

 

【奥行600】

収納スペース

クローゼット / デスク / 物入れ

しまうもの

トップス / 収納ケース(クローゼット用) など

 

【奥行400】

収納スペース

クローゼット / 物入れ

しまうもの

ボトムス / バッグ / 収納ボックス など

 

【基本サイズは使い方に合わせやすい2サイズ】

幅のカットができて、さまざまな収納スペースに合わせやすい寸法です。

 

家具の収納はもちろんのこと、デスクとしても活用できる寸法です。

 

収納に合わせて選べる4タイプ

布団をしまいたい!でも他の物も収納したいあなたには。。。

《CASE1》 押し入れタイプ

●寝具をそれ以外のものに分けて収納することで、

物の出し入れが管理しやすくなります。

●布団をしまう位置を低くすることで、出し入れが楽になります。

●洋服や本、生活用品なども収納できるので、部屋がスッキリ片付きます。

 

クローゼットがなんだか使いにくい、もっと効率よく洋服を収納したいあなたには。。。

《CASE2》 クローゼットタイプ

●トップス(シャツ・ジャケット)、ボトムス(パンツ・スカート)、

長物(コート・ワンピース)を分けて収納できるので管理がしやすく、

スペースの無駄使いを防ぎます。

●バッグやベルト、ネクタイなどの収納場所に困るものの指定席を

作ってあげることで、探す手間がなくなります。

●掛ける洋服の後ろの空いたスペースにたたんだ洋服を置くことで、

たくさん収納できます。

 

自分だけの趣味スペース、落ち着いたワークスペースが欲しいあなたには。。。

《CASE3》 デスクタイプ

●自分だけの趣味の空間や家事コーナーとして活用できます。

●デスクの横もカバンや書類、プリンター、趣味のものなど

多目的に使えます。

●デスクの上は、本棚としてA4サイズの本やアルバムを収納することができます。

 

取り出しやすくてしまいやすい、ストレスフリーな物入が欲しいあなたには。。。

《CASE4》 物入れタイプ

●物の『行方不明』を防げます。

●棚板をL字型に設置することで、使いたいものがすぐに見つかります。

●棚板を前後に配置することで、季節家電などの大きな物が収納できます。

 

施工イメージ

 

今回は、LIXILのヴィータスパネルについてお話しました。

ヴィータスパネルは、子供の成長と合わせて長く使い続けられ、

子どもが自分で衣類や荷物の整理をするための棚の工夫が評価された商品です

あふれる洋服をスッキリ収納できるし、クローゼットがデスクになったりと

すごく使い勝手がいい商品ですね

お家の中をスッキリしたい方は、LIXILのヴィータスパネルを設置してみてはいかがでしょうか

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2022 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット