サンコウホームでは新築工事を手掛ける際にPanasonic耐震住宅工法『テクノストラクチャー』を採用しています!これがサンコウホームのコンセプト『いのちを守る家』につながるのです。

『木の家に住みたい』『地震に強い家に住みたい』『安心できる家がいい!』こんな希望はあるけれど、『木の家の強度って大丈夫?』『木の家って、たわみは大丈夫?』などの不安はないでしょうか?

テクノストラクチャーはそんな不安を解消します!

霄ッ菴点KIRI_MIR

まずは『木の家の強度って大丈夫?』にお答えしましょう。

一般的な木造住宅では木材を切欠いて部材と部材を接合します。このため、接合部分の木材は打分的に細くなってしまい、その箇所が地震等で割れて建物の倒壊を招く可能性があります。

20190617145449-0001

一方テクノストラクチャーでは木材の切り欠きをできるだけ減らし、木の力を引き出す金具接合仕様を採用しています。施工者によって強度のばらつきがでることもなく、接合部での安定した高い強度を実現しています。

20190617145958-0001

テクノストラクチャーの柱の引抜き強度は、一般的な木造接合金具を使用した場合と比べて約3倍。ピンを打ち込むだけで安定した強度を発揮します。

独自の接合金具で、部材の切り抜きを減らし、木造の『弱点』を強化しています!

続いて『木の家って、たわみは大丈夫?』です。

住宅の重みを支える梁は、時間の経過とともに若干のたわみが生じます。特に木製梁は、荷重がかかり続けると、たわみの変形が年々増し、家の骨組みがゆがんでしまう可能性もあります。

長期間の荷重によって、たわみが進行し、引戸の開閉がしにくくなったり、建物がゆがむ可能性もあります。

20190617150950-0001

テクノストラクチャーの場合は長期間荷重がかかってもたわみはほとんどなく、時間がたっても引戸の開閉はスムーズで、構造体の精度も保たれます!

20190617150958-0001

木の強度の特性は縦『強』・横『弱』

木は成長する縦の方向に繊維が伸びているため、縦から受ける力には強いのですが、横から受ける力には弱いのです。テクノストラクチャーは、この木の弱点に対し、鉄を加えて強化します!

爪楊枝を割るとします。横向けは簡単に折れますが、縦に折ることは難しいですよね。なので弱い横方向に鉄をいれて強度を上げているんですね~

そしてテクノストラクチャーではこの梁を使うことで、最大間口約8m、天井高約2.8mを実現することができます!

一般的な住宅の場合は、間口は約3.6m、天井高は約2.4mというところでしょうか。

テクノストラクチャーで住まいの夢を叶える、大空間と自由度がアップし、開放感あふれる空間を実現することができます。

tab04

 

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2019 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット