窓から上手に風を通すことで
室内に溜まったニオイなどを家の外へ排出したり、
湿気を逃がして結露を抑えることができます。
心地よい風の通る家なら夏でも
エアコンに頼りすぎることなく快適に過ごせます。

 

家の中に風の通り道を作ることで、風の流れが生まれます

      

       風の通る家

風の「入口」と「出口」になるように窓を配置する

ことで、通風しやすい快適な家になります。

 

      風の「出口」がない家

風の「入口」として大きな窓をつけていても、

「出口」になる窓がなければ風は抜けません。

 

 

 

      風をキャッチ

      

      風が素通り

 

積極的に風を取り込みたい部屋には

「ウインドキャッチ連窓」がおすすめです

 

 

 

風が窓の前を横ぎるように吹いている場合、

「引違い窓」のような横にスライドする窓だと

風をうまくキャッチすることがせきません。

引き違い窓

 

 

外側に開く「たてすべり出し窓」なら、通り過ぎていく風を

上手にキャッチして室内に取る入れやすくすることが出ます。

これをウインドキャッチと言います。

 

ウインドキャッチ連窓

換気量:約22倍

窓を左右につけ、2つの窓の内側を吊元とすることで

風の入口と出口ができ、換気が効率良く行えるようになります。

 

高い位置に窓があると通風がよりスムーズです。

 

 

天窓の通風効果

【天窓のある家】

住宅密集地に左から風が吹いた場合、風下側には

屋根を引っ張る方向の力が発生します。

天窓がない家は、家の中に上下方向の空気の流れは起きませんが、

天窓のある家の方は、夏場の部屋にこもった熱い空気

を、自然の力で排出することで、快適な室内空間にすることができます。

 

家の中に風の通り道をつくるためには、風の入口と出口をつくることが

重要であることが分かりました。

ウインドキャッチ連窓にすることによって、積極的に風をとりこむことができ、

また天窓を高い位置につけることで、快適な室内空間にすることができますね😊

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト 不動産物件紹介・老人ホーム紹介
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2021 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット