「ガスコンロ」と「IH」が、ひとつのキッチンで使える斬新なビルトイン機器。

ガスの得意と、IHの得意を一つのキッチンで叶えられる

『ハイブリッドコンロDual Chef』はいかがですか?

つくる料理に合わせて選べる2つの熱源

調理に合わせてガスとIHを使い分けることで食材の美味しさを引き出すことができます。炒め物にはガスの高火力!煮込み料理や完成した料理の保温にはIHのトロ火がおすすめです。

 

3口フル活用で手際よく調理ができます

3口使っていても、フライパンが振りやすいレイアウト。フライパンの柄がワークトップからはみ出さないよう、ガスコンロを少し奥に配置してます。

 

IHならではの0.1KWの極トロ火は、料理の保温に適しています。完成した料理を盛り付ける直前まで保温でき、あたため直す手間を省けるので、手際よく調理ができます。

 

リビングやダイニング空間に調和しやすいデザイン

グリルがないのでキッチン前面を扉面材で統一!コンロ下に付く引出しには、専用プレート(プレートグリル)はもちろん、調味料やレードル、ミトンなど、加熱調理中によく使うモノを収納できます。

 

魚を焼くときは、専用の大型プレートで

前後2口のIHを連動させて加熱する専用プレートが付いてるので焼き魚などのグリル調理から、大人数向けの料理まで、様々のシーンで活躍できます。

サンマなら4尾を丸ごと焼けます。餃子なら一度に50個焼ける大きさ。

グリルがなくても、グリル調理を楽しめますうえにパーティープレートとしても利用でき、そのまま食卓に持って

いくこともできます。

プレートは丸洗いできるのでお手入れも簡単です。

 

ガスかIHかと迷われてる方もハイブリッドコンロを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト 不動産物件紹介・老人ホーム紹介
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2021 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット