外壁材には『乾式工法』のサイディングと、『湿式工法』の左官壁、

タイル、レンガ、石があります。

専用金具を使って留めつけるサイディングは、施工が簡単で工期が短いです。

かつては、モルタル(センメントと砂を混ぜ、水を加えて練ったもの)壁が主流でした。

モルタルより軽いサイディングは、建物に大きな負担をかけないというメリットがあり、

近年多くの住宅で採用されています。

一方、湿式工法では、個性的な外観が実現できるため、左官壁が見直されています。

窯業サイディング・・・

セメントやけい酸カルシウムの原料に繊維質材料を混ぜ、形成硬化させたもの

安価で耐久性・耐火性があり、デザインのバリエーションも豊富です。

厚みはくぎ打ちで容易に施工できる、14mmと質感が高い15mm以上があります。

最近の製品は塗膜の耐久性が向上しており、セルフクリーニング機能を付加したタイプもあります。

 

金属サイディング・・・

表面の金属板と芯材に断熱材や遮音材を組み合わせたもの

ほかの外壁材より軽く、建物に負担をかけにくいのが特徴。シャープでモダンなデザインで、

人気が高まっています。さびに強い鋼板の弱点を克服し、特殊なめっきで耐久性を

高めたガルバリウム鋼板を使ったものが増えています。

 

塗り壁・・・

モルタル壁を下地に左官材を塗るか、塗料を吹き付けて仕上げたもの

表現力が高く、サイディングと違って曲面への塗布も得意なことから、

個性的な外観が実現できます。日本の伝統的な壁仕上げの漆喰壁も塗り壁になります。

 

ALCパネル・・・

軽量気泡コンクリートに鉄筋をいれたもの

パネル内部に多くの気泡が含まれることから、通常のコンクリートの4分の1と軽く、

高い断熱性を持っています。耐火性に優れ、防火地域、準防火地域の外壁材として適しています。

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト 不動産物件紹介・老人ホーム紹介
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2021 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット