屋根は雨風や直射日光など、過酷な条件にさらされている部分のため、

耐久性の高い材料が使われています。

屋根材の種類は主に、人工スレート、金属、瓦の3つです。

セメントを繊維質材料で強化した人工スレートは、

天然スレートと呼ばれ、耐久性が高いです。

金属には銅やアルミ合金、トタン、ガルバリウム鋼板などがあり、

軽量で加工しやすいのが特徴です。

瓦は、耐久性が高いのが特徴です。

防水性には、屋根の形状も大きくかかわってきます。


主な屋根の形状

切りづま屋根・・・

屋根の原型といわれ、代表的な屋根の形です。

多様な形態が可能で、防水面の弱点が少ない形状です。


片流れ屋根・・・

最もシンプルで経済的な屋根です。特殊な部分が少ない分、防水性も高いのが特徴です。


寄棟の屋根・・・

代表的な形状の一つで建物の4周に軒が回るため、外壁の保護に有利です。

工事費は切妻よりも割高となります。妻壁がないため、小屋裏換気がとりにくいのがデメリット。


入母屋屋根

上部に切り妻、下屋に寄棟を組み合わせた形状です。

日本特有で社社寺建築などで見られます。


ヴォールト屋根

曲面の屋根です。個性的な外観が可能となります。

施工の難度は高く、工事費もかかります。

屋根材も限られてきます!

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト 不動産物件紹介・老人ホーム紹介
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2021 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット