水道や電気・ガスの引き込み位置は、

建物の配置に大きく影響します。

建物の計画に入る前に、

敷地周辺のインフラ環境を確認する必要があります。

水道(給水)は止水栓の位置を確認しましょう。

下水道は(排水)は敷地に接する道路にマンホール(下水道本管)が

あるかをチェックします。

雨水や浄化槽排水を流す側溝の有無も確認し、

なければ浸透枡などを設置する必要があります。

都市ガスを利用できる場合は、ガス本管からの引き込み位置でチェックします。

電気は送電方式と引込み位置を確認します。

インフラ環境のチェックポイント!

①制水弁フタ・・・下部に給水本管があります

②下水本管マンホール・・・下部に下水本管、雨水本管があります

③道路用集水桝・・・公設枡ではないので注意が必要

④止水栓・・・宅内の引込で管のバルブ。給水本管はありません

⑤私設下水マンホールの例・・・私道などに設置されている。公的機関のマークがなく

さまざまな形状のものがあります

⑥アンテナ・・・有線を確認し、近隣のテレビ受信状況を判断します。

⑦ガス遮断弁・・・ガス本管から敷地内への引込管の遮断用

⑧量水器・・・水道管の引込位置、引込管径の目安となるが、必ず局埋設管図と

照らし合わせて確認します

⑨ガス会社杭の一例・・・現地にあれば、都市ガスの住宅引込位置が判断できます。

⑩ガスメーター・・・現地にあれば、会社名を確認します。

都市ガス供給地であることの目安となります

⑪プロパンガスボンベ・・・都市ガス供給地域でない可能性を示唆します。

3種の熱源から選ぶ給湯設備

給湯器の熱源はガス・石油・電気の3種類です。

ガス給湯器は、水道水を温めて供給する瞬間式

燃焼時の排熱を再利用してお湯を沸かす『エコジョーズ』を使えば

ランニングコストを抑えることができます。

石油給湯器はガスと同様の燃焼方式を利用し、

排気熱を利用する『エコフィール』があります。

電気給湯器は貯湯式です。

電熱ヒートポンプ給湯器『エコキュート』があります。

さらに太陽を熱源とする太陽熱温水器もあります。

年間を通して使用頻度の高い給湯設備ですが、機器の更新時期も検討が必要です。

各機器の寿命は、ガス・石油給湯器で10年ほど。

エコキュートのヒートポンプユニットが10年ほど。

電気温水器で10年~15年と言われています。

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト 不動産物件紹介・老人ホーム紹介
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2020 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット