気持ちよく眠れる寝室づくり

健康に生活するうえで、睡眠は食生活と並んで、重要な要素です!

今日は快適に眠るための寝室づくりをお教えしましょう!

まずは、通風と換気です。寝室は湿気がたまりがちなので、

南北または東西に風が抜けるような間取りが必要です。

次に大切なのが、採光・日当たりです。

窓から差し込む朝日は気持ちの良い目覚めを与えてくれます。

東側に面しているなら、ぜひ窓を設けたいですね!

さらに、家族であっても、寝室でのプライバシーには配慮したいところです!

例えば、寝室の隣に子供室があるなら、間にクローゼットなどを設け、

プライバシーに配慮します。

DPP_133-2-600x400


寝室には何畳必要か?

寝室はベッドを部屋の中心に置く、主寝室スタイルが主流です。

寝ることと以外に、テレビを見てくつろぐ、

パソコンをするなど、何を行うかによって必要な広さや収納の

ボリュームが決まってきます。

洋室でつくる寝室の最低の大きさは7畳ですが、

ベッド2台を置くと、家具を置くスペースはなくなります。

和室で布団敷きにする場合は、

標準的な広さは6畳です。


k

洋室の寝室としては最低の大きさです。

ツインベッドではタンスは置けません。


20191107102614-0001h

ベッド2台とタンスを置く、最小のスペースです。

ベッドの足元は1人がギリギリ通れる幅が確保できます。


20191107102614-0001f

過不足のない大きさです。ベッドを並べて置く場合は、

それぞれのベッドサイドに人が立てるような

レイアウトにしましょう。


20191107102614-0001

和室の寝室の標準的な大きさは6畳ですが、

タンス置き場を0.25間幅設けるだけで

布団を敷いても十分な広さを確保できます。


プラスアルファの機能を持つ寝室

寝室は、寝るだけでなく、寝る前の時間を過ごす『くつろぐ』場所でもあります。

落ち着いた内装にしたり、照明の明るさを抑えたり、

1日の終わりを過ごすのにふさわしい空間にしたいものです。

また寝室以外の機能をもたせ、より過ごしやすい部屋にすることもできます。

たとえば、寝る前に入浴するなら、浴室を隣接してはどうでしょうか?

また、あると便利なのが、畳敷きの小間です。

夫婦別室は、完全に別室とするより、

ほどよい距離感を持たせておくとよいでしょう。

20191107104636-0001

主寝室のすぐ近くに浴室があるプラン。

入浴後にすぐにベッドで横になることができ、

体が冷めにくいメリットもあります。

また、湯上りにリラックスできるスペースを設ければ、

就寝前のひとときをゆったり過ごすことができます。

 

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2019 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット