最近の住宅は、冷暖房の消費エネルギーを小さくするため、

断熱性・気密性が高くなっています。

気密性が上がると、部屋の中の空気がこもりがちになるため、

換気や通風を意識して行うことが大切です。

今回は快適な風を上手にとりいれ、強風から住まいを守る窓の工夫と、

通風量が増え、効果的に風を取り込めるYKK AP『おすすめ商品』のご紹介です。

≪風を取り入れやすい窓≫

【家の中に「風の通り道」をつくる】

さわやかな風を家の中に取り入れるために大切なことは「風の入口・通り道・出口」を

つくること。最低でも2箇所の窓を、できるだけ対角線上になるように開けて、

家の中に空気の流れをつくりましょう。

空気の入口となる窓は15cmくらい、出口は全開にすると風の通りが良くなります。

 

≪風を取り入れる窓の工夫≫

【たてすべりだし窓で壁に沿って流れる風をキャッチ】

引違い窓は、正面からの風は取り入れますが、横風となると、その多くが窓を

通り過ぎてしまいます。

壁に沿って流れる横風を効果的に取り入れるには、外に開く窓「たてすべり出し窓」が

有効です。

 

★おすすめ商品★

■ウインドキャッチ連窓・段窓■

開き勝手を逆にした「たてすべり出し窓」で、2方向の風をキャッチして風が入りやすく

出やすい窓に。

通風量は引違い窓の約3倍にもなり、約1/3の時間で空気の入れ換えができます。

ひとつの窓で効果的に風を取り込めます。

【低い窓から高い窓へ 温暖差で室内に風を発生

暖かい空気は上に向かう現象を利用して、家の中に低い窓と高い窓をとりつけると、

低い窓から入った冷たい空気があたたまり、上にのぼっていき、高い窓から出て行くという

空気の流れができ、室内で風が生まれます。

★おすすめ商品★

■天窓シリーズ■

天窓を取り付けた場合、壁面の窓だけの家と比べ、通風量が約4倍になるといわれています。

空気の入れ替えが約1/4の時間で済むというわけです。

外壁より高い位置にある屋根面は比較的風を受けやすいため、住宅密集地でも効果的な通風が

期待できます。

 

≪季節の風の窓対策≫

【夏も自然の風で涼しく過ごす】

エアコンの風が苦手という人は結構多いのではないでしょうか?

夏の夜にはできれば窓を開けて、自然の風で涼みたいですよね。

そんな時「網戸」は欠かせません。

夏本番になる前に網戸のチェックやお掃除をして、風をいっぱい取り込みましょう。

★おすすめ商品★

■クリアネット網戸■

網戸の糸の径を細く、網目の交差部の隙間をなくしたところ、より虫の侵入を防ぎ、

より涼しい風を通し、景色もクリアに見える網戸です。

【風を通しながら日差しを遮る】

窓を開けると、ご近所からの目が気になってしまいますよね。

「よしず」や「すだれ」は、夏の強い日差しと、外からの視線を遮りながら

自然の風を通す、日本に昔からある天然素材のブラインドカーテンです。

ゴーヤやへちま、朝顔などのつるを利用した、グリーンカーテンは、

葉の水分が蒸発することで、風をより涼しくしてくれます。

★おすすめ商品★

■X-BLIND■

「よしず」や「すだれ」のように窓の外側にブラインドを設置。

ルーバーの角度で遮蔽・採光・プライバシー・通風をバランスよくコントロールできる

シャッターなら、視線を遮りゆったりくつろげます。

毎日のブラインドの開け閉めやルーバーの角度調整までリモコン1つで簡単に操作できます。

ブラインド1台につき1チャンネルリモコン1つを標準装備しています。

■グリーンバー■

シャッターや樋を気にせず「よしず」や「すだれ」をスマートに設置できる

シンプルな設置用バー。グリーンカーテンを作ることもできます。

【台風にそなえる】

台風の際、窓にとって一番困るのは、窓ガラスが割れてしまうこと。

窓ガラスが割れる原因の多くは、風で飛ばされたものがぶつかるためです。

風の強さによっては、濡れたぞうきんや洗濯物、小石で窓ガラスが割れてしまうことも。

台風の予報を聞いたら、まずは外にあるものを片付け、雨戸やシャッターを閉めましょう。

★おすすめ商品★

■耐風シャッター■

台風などの強風で外れたり破損しやすい箇所を徹底検証し、耐風圧性能を高める技術と

工夫を惜しみなく投入しています。

スイッチひとつで楽に開け閉めできるリモコンシャッターも選べます。

 

 

いかがでしたか?

窓を少し工夫することによって、通風量が増え、効果的に風を取り込めることが

お分かり頂けたでしょうか。

ぜひ窓を工夫されて、気持ちがよい自然の風で、住まいの換気・通風を行い、

快適な室内空間を手に入れてみませんか😊

ご参考になれば幸いです。

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト 不動産物件紹介・老人ホーム紹介
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2021 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット