魅力的なLDKを作るには、外部を取り込むこともポイントです。

そのために有効な仕掛けが『中間領域』といわれるスペースを設けることです。

1階であれば広緑(奥行きを広めに取った縁側のこと)や

濡れ緑(雨戸の外側などに付けられた縁側のこと)、通り土間、

2階であればバルコニーやデッキスペースがそれに相当します。

季節の良い時期には窓を開け放って、LDKと中間領域をつなぎます。

日射や雨を適度に遮りつつ内外が一体化するので、解放感を得られます。

季節の厳しいときは窓を閉め、中間領域で寒さを遮り、

日差しと眺望だけを楽しみます!

もちろんバーベキューや子供に水遊びをさせることもできますよ!

1階のリビングに設けた中間領域です。

リビングの床とバルコニーの床はほぼバリアフリーになっています。

お気に入りのテーブルなどを設置し、インテリアを楽しむこともできますね!

カフェのような雰囲気でコーヒーを楽しみます。

立ち上がりの壁で、外部からの目線は気になりません。

2階のリビングに設けた中間領域です。

インナーバルコニーとなっており、スペースも十分に確保されていますので

BBQなどを楽しむことも可能です!

窓を閉めておけば、お部屋にはいる煙がはいることはないので気にしなくていいですね!

 

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト 不動産物件紹介・老人ホーム紹介
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2021 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット