建物の部位には細かいところまで名称がついています。中でも戸建て住宅で代表的な

『木造在来工法』にはどこの部位かわかりにくい名称が多いですよね。

今日はわかりにくい名称を一部ご紹介します!

 

 

外壁から出っ張っている屋根部分の内、雨樋がついている側(妻側に対して平側という)

また軒の裏側を『軒裏』という

 

 

鼻隠し

鼻隠しは『鼻先』と呼ばれる垂木の先端を隠す部材のため、『鼻隠し』という。

鼻隠しは、雨樋をとりつける下地としての役割も持っている。

 

 

ケラバ

外壁から出っ張っている屋根部分で、破風の側を『ケラバ』という。

ケラバは部位ではなく、屋根の一部分を指す名称。

名前の由来は、昆虫の『ケラ(オケラ)』の羽根で、漢字では『螻蛄羽』。

オケラの短い羽のように、外壁から破風までの距離が短いところからきているという。

雨水の吸い込みや紫外線の侵入を防ぐ役目がある

 

 

屋根の水平材。頂部で水平になった棟は『大棟』、屋根の流れに沿って軒先に向う棟を

『下り棟』という。

 

 

破風板

切り妻造りや入母屋造りの屋根の妻側にある山形の部門。

名前の通り、雨や風を破るという頼もしい存在だ。破風の取り付ける板を『破風板』という。

ここに雨樋をとりつけることはない。

 

 

雨樋

鼻隠しに取り付ける水平の方向の雨樋を『軒樋』これに対して、縦方向の樋を『竪樋』という。

 

 

最後に紛らわしい名称のご紹介です

『ベランダ』と『バルコニー』の違いをご存知でしょうか?

『ベランダ』は、屋根つきの外壁から張り出したスペースをいいます。

雨の日でも洗濯物を干すことができる利点があります。

『バルコニー』とは、2階以上の室外に張り出した屋根のない手摺付きのスペースのことをいいます。

また、下の階の屋根部分を利用したスペースのことを『ルーフバルコニー』と呼びます。

 

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト 不動産物件紹介・老人ホーム紹介
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2020 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット