洗面所と脱衣所を分けてみる

一般的には、洗面所が脱衣所を兼ねていることが多いです。しかし、脱いだ後の

衣類や濡れたバスタオルなどがある脱衣所と、来客や子供の友達なども

手洗いに使う洗面所は、近くにありながら仕切られている方が都合がいいです!

脱衣所は浴室に付属する物を、洗面所はよりパブリックな場所として分けて考えることを

おすすめします!

◎洗面所から2方向へアクセスするプラン

20191022111637-00011

3畳大のスペースを2分割した洗面所と脱衣所。洗面所からトイレと脱衣所→浴室の

2方向へアクセスできて便利です。

◎家事動線に配慮した洗面・脱衣所

20191022111637-00012

キッチンで作業しながら、洗濯や掃除ができる家事動線に配慮したプランです。

◎廊下とキッチンの両方からアクセスできる脱衣所

20191022111637-00013

裏まわりの廊下に位置するオープンな洗面所。来客用としても利用できます。

一方脱衣所は、廊下とキッチンの両方からアクセスでき、家事がスムーズになります。

◎脱衣所から一直線に物干し場へ

20191022111637-0001

脱衣所、洗濯機、物干し、そして衣類収納までの動線に配慮したプランです。

サービスデッキにかけられたガラス屋根が急な雨にも対応できます。


散らかりやすい洗面所には収納を

洗面台まわりには細々したものが多く、散らかりがちになります。

整髪料や化粧品の瓶、歯ブラシに歯磨き粉・・・とそれらのストック品。

これらは出しっぱなしにしておくと、雑然として見苦しく、ほこりで汚れるので

扉の中にしまいたいですよね。

また、脱衣所であれば、脱衣かごのほか、予備のシャンプーや石けんなどは

浴室のドアの近くに、タオル類や家族の下着もおけると便利です。

さらに、風呂の掃除道具や洗剤などもあり、かなりの収納スペースを要します!

DPP_63-300x200

物干しハンガーや腰かけられる椅子があると便利です。

暖房や換気扇も重宝します!

また洗面台に出しておくのは、石けんやコップ程度にして、細々したものは

扉にすっきりしまうのがポイントです!

DPP_3-397x600

DPP_13-394x600

洗面室には収納スペースを設けています。

家族それぞれの下着類、リンネ類や石けん類の予備も収納することができます。

また、洗面台は3面鏡になっているので、細かいものをたくさん収納する事か可能です。

 

 

 

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2019 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット