くつろげる寝室にするなら、照明の位置にこだわってみてはいかがですか?

一日の中で、最も長く過ごす場所といえば、オフィスという人もいるでしょうし、キッチンという人もいるかもしれません。しかし意外と忘れがちなのが、人は寝室で過ごす時間が非常に長いということ。

寝付こうと思ってから就寝し、朝目覚めるまで7~8時間は寝室で過ごすとも多いのではないでしょうか。『一日寝室から出ない』なんて人もいるかもしれませんね。

そこで癒やされ、くつろげる寝室にするためのポイントとして、照明の位置にこだわることをおすすめします。

照明の位置のこだわりポイント

  • ポイント1.

    寝室はベッドに横になって過ごすことが多いので、リビングやキッチンとは異なり、目線が低くなります。そこで上から注ぎ込む光は時には目障りになるでしょう。

    そうならないために、寝室の照明は横になった時のやや上、ちょっと顔に差し込むように当たる位置に付ければ、眩しすぎず柔らかな雰囲気の部屋になります。

    具体的には1.6メートルほどの高さがちょうどよいでしょう。

  • ポイント2.

    朝、日光を取り入れるために、横になって手の届く場所に、小さな開き戸を付けるのも、朝の外の様子の確認ができるので、大変便利です。

    ホテルのベッドルームなどは、そういった作りになっているので、あこがれのホテルの部屋を真似してみてもいいかもしれませんね!

収納スペースがない家は生活感が出てみっともない家になる!?

限られた家の面積の中で、それぞれの部屋を少しでも広くしようと思うと、ついつい収納スペースを疎かにしてしまうことありませんか?しかし家をきれいにおしゃれに保つためには、収納スペースの存在はとても重要なのです!

収納スペースがない家がどうなってしまうのか、考えるだけでも恐ろしいことになるんですよ・・・。

  • 子供の成長で、ものは絶対に増える

    夫婦でそれほどものを集める趣味もなく、スッキリしたリビングで生活をしていたから、新居でも収納はあまりいらないだろうと思う人!それは大甘です。

    お子さんができると物は一挙に増えます。子供用の服、ベッド、おもちゃ、おむつ。さらに子供は片付けるということを知りませんから、物を一時的に片付ける場所がないと部屋の中が荒れ放題です。

    さらに幼稚園、小学校と成長すればもっとものは増えていきます。

  • 収納がない家はこうなる

    そんな子供のものをおけるスペースがまともにないとどうなるでしょうか。

    リビングの端に本が山積み。廊下に服が散乱。キッチンにおもちゃが転がっている。そんな惨状にもなりかねません。

    物がなくてスッキリおしゃれな家にする、そう考えているのであればこそ、収納スペースは大変重要なのです。

  • 家を建てたばかりの時は、ガラガラでちょうどよい

    新居を建てたとき、収納が多いとそこにものを置いて、家の中がガラガラに思えてくることもあります。「ちょっと収納多すぎたかなあ」と思う人もいますが、そんなこともありません!ガラガラぐらいでちょうどよいのです。

    特に断捨離に自信がない人は絶対に収納を多く作りましょう。そうしないと将来ゴミ屋敷と呼ばれるようになるかもしれません・・・。 

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト 不動産物件紹介・老人ホーム紹介
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2021 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット