サンコウホームにご依頼いただいた京都府亀岡市S様の新築・注文住宅ですが、お客様が直接、サンコウホームに現場の状況を寄稿され、それをこちらの現場中継ブログにレポートしていきます。

以下、S様が写真と内容を準備された、新築完成までの流れをお伝えします。

気に入った土地を先に見つけて、情報収集

土地

2020年8月に気に入った土地を見つけて、吹田にある千里住宅公園に何度か足を運び、ハウスメーカーの建物を見学したり、資料をもらったりしながら、建物はどうしようかと悩んでいました。

親戚が建てたハウスメーカーの話を聞いたり、プランを見せてもらったり、これからの一生の住まいを比較検討しながら、情報収集からスタート。

ネットでも新築について情報収集しながら、ハウスメーカー・工務店・設計事務所、どのような違いがあるのか調べたり、直接聞いたりしていたところでした。

住宅ローンの予算内で、サンコウホームさんへ相談

住宅ローンの事前審査を受けて、ローン総額のメドが立ったところで、建物にさける予算が固まってきました。

まず土地ありきで決定していたので、建物の予算は限られていましたが、『せっかくの注文住宅、一生返す住宅ローン、悔いのない家にしたい』と思い、かつてからお付き合いのあったサンコウホームさんにご相談しました。

社長の建築に対する熱い想い・考えを聞き、予算内にも応じていただけるとのことで、サンコウホームさんに決めました(^^)

決め手はPanasonicテクノストラクチャー+セルロールファイバー+社長の建築に関する想い

『いのちを守る家』耐震強度の高いPanasonicテクノストラクチャーに惹かれ、断熱材セルロールファイバーで夏涼しく冬暖かい家になるとのことで、住心地の良さそうな家をイメージしました。

長年、建築に携わっている社長の建築に対する考えや熱い想いを聞き、契約。

サンコウホームさんにお願いすることになりました。

間取りの決定・外観パースのご提案

希望の間取りを作っていただき、外観パースもご提案いただきました。

当初からキューブ型を希望していて、南向きの土地をいかした日当たりの良さ、風通りの良さも期待しています。

外観パース

外観パース

 

予算に応じて別の外観パースもご提案いただきました

キューブ型を希望していましたが、全体予算の問題でご相談したところ、キューブ型をやめて予算を抑えるプランもご提案いただきました。

実際にパースを見てみると、『やっぱり一生の家は希望を叶えた家にしたい』という思いが強くなり、予算がかかってもキューブ型を採用することを決断しました。

外観パース

カタログで各商品や設備を選定

仕様がある程度決まっている建売とは違って、注文住宅は一から全て決定していくので、決めることがたくさん。

間取り・外観をご提案いただいて、それぞれの商品や設備は何にするか、まずはカタログを見て、イメージしていきます。

お風呂、キッチン、トイレ、洗面、床、建具、壁紙、外壁、エクステリアなど、決めることは膨大にあります。

情報収集したり、写真を集めたり、カタログを眺めたり、いろいろと想像しながら、話し合いながら、理想の住まいを夢見ながら、探していく過程も楽しいものです。

カタログ

今回の現場中継レポートは以上です。

次回、Panasonicショールーム見学に続きます(*^^*)

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト 不動産物件紹介・老人ホーム紹介
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2021 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット