子どもを安心して育てたいなら、新築戸建分譲がおすすめ!

戸建を購入する人の大半は、その町で「子育てをしていこう」と考えて住む場所を決める人も多いでしょう。

子どもの安心や安全を第一に考えるのであれば、おすすめできるのが「新築一戸建て分譲住宅」です。なぜなのか、その理由を幾つかご紹介します。

  • 同じ年代の人間が集まり、子育てに気兼ねがいらない

    分譲住宅は、そのエリアに一斉に家が建てられるので、入居するタイミングが一緒になります。

    また家を購入する人も30~40代前半のタイミングで、かつ子育て中ということが多いので、お互いに子どもの面倒を見たり、声掛けをしたり、声が多少うるさくてもお互い様ということで、子育てが気兼ねなくできるのです。

  • 子育てに優しい街づくりがなされている

    分譲住宅を販売する不動産会社も、子育てがしやすい街であることを意識して、そのエリアを設計します。

    道路幅が広く安全、講演的な遊べるスペースが有るといった分譲エリアもあるので、環境面、ハード面でも安全に子育てができます。

  • 住民のコミュニティを形成するための取り組みも

    また分譲戸建エリアでは、住人同士のコミュニケーションが図れるように、ワークショップやイベントを開催している場所もあります。

    子どもは楽しく遊び、親同士も知り合いになることで、子どもを見守る視線を育むことができるのです。

    また、災害や非常時対策としても、近所同士で助けあえる環境を作っておくことは、非常に大切なことですよね。

まずは手順を知っておこう!マイホーム購入の段取りと準備

マイホームほど高価な買い物をすることは、一生のうち他にあるでしょうか?

数千万円の買い物をするだけに、購入後は絶対に後悔しないよう、マイホーム購入のための段取りを知っておきましょう。

  • 1.マイホーム購入はいくら資金が用意できるか知ってから

    マイホーム購入には資金計画を建ててから物件を選ぶようにします。

    まず物件候補を不動産屋で選び、その後金融機関を自分で選ぶか、不動産屋に斡旋してもらい、住宅ローン融資額を教えてもらいましょう。

    そして物件の売買契約を結び、住宅ローンの本契約、最後に引き渡しというのが大まかな流れです。

  • 2.家の値段以外にもいろいろな諸経費がかかる

    資金を用意する時に大切なのが、物件の価格以外にも色々税金などの諸経費がかかるということです。

    不動産取得税、登録免許税、住宅ローンの契約手数料、不動産屋へ支払う仲介手数料etc・・・非常にいろいろな出費がかかりますし、引越し代、そして新居に置く家具やインテリアを買うためのお金も必要です。

    おおよそ新築住宅の場合は物件価格の5%余計にかかると思っておきましょう。家が4000万なら諸経費200万です。

  • 3.返済できるかどうかでローン借入額を決める

    住宅ローンは最大まで枠を拡大すれば、年収の8倍から9倍借りることができる時もあります。

    しかし重要なのは毎月の家計が破綻しない範囲に収めることです。住居費は一般的に収入の30%程度にすべきと言われます。手取り25万の家庭ならば、返済額は8万円程度にしましょう。また修繕費も別に貯めておきましょう。

  • 4.物件購入の優先順位を決めておく

    住宅を購入する時はついつい目移りしてしまうもの。

    本当にオトクな物件を見逃さないために、立地、駅の近さ、家の広さなど優先すべきポイントを家族と相談してよく決め、最優先事項に近いものを購入すれば、購入後に後悔することもないはずです。

ショールームのご案内 サンコウホームへ御相談ください 資料請求はこちら
施工事例 これまでの施工事例をご紹介 現場中継ブログ 注文住宅・新築一戸建ての豆知識 イベント情報 スタッフ紹介 お客様の声 オープンハウス情報 スタッフブログ
会社案内 株式会社サンコウホーム

〒607-8064
京都市山科区音羽八ノ坪36-7

0120-35-6406 FAX:075-595-2060 お問い合わせ 資料請求
不動産相談サイト
0120-35-6406
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら
© 2021 京都で注文住宅・新築一戸建てならサンコウホームの耐震住宅 . All rights reserved.
ホームページ制作 by レボネット